かりる

さんぎん教育ローン「青春時代」

さんぎん教育ローン

  • 高校・大学・専門学校・予備校OK!
  • 最大1,000万円までOK!
  • 進学先が決まってなくても申込OK!

インターネットで申込み

返済シミュレーション

さんぎん教育ローン「青春時代」の特長

ご利用の特典として

  • お子様口座への送金手数料優遇

    お子様名義の普通預金口座(第三銀行の口座)への自動送金をご契約の際、自動送金手数料(54円/件)を優遇します。

  • お子様口座のATM手数料(当行・セブン銀行・イーネット)が無料

    ※ATM手数料を無料化とするためには、お取引店へお申し出いただく必要があります。
    ※ATM手数料を無料化は、お申し出いただいた月の翌月15日(15日が休日の場合はよく営業日)となります。ただし、ATM手数料を無料化は、教育ローン「青春時代」の契約中のみとさせていただきます。
    ※ATM手数料を無料化は、平成29年4月17日から開始です。

2つのタイプから選べます。

  • カードローン方式 point1:必要な時にATMでその都度お借入れ point2:在学中は利息の支払のみ point3:ATMから繰上返済OK

  • 証書貸付(一括借入)方式 point1:必要な金額をまとめて一括でお借入れ point2:在学中は利息の支払のみ point3:団体信用生命保険の利用OK

※ご融資金額2,000万円までの有担保型もご用意しております。有担保型については窓口までお問い合わせvください

約9割のお客さまが「カードローン方式」を選んでいます。

繰上返済で利息の支払いを抑えたかったので、必要なときに必要なだけ利用できるカードローンタイプはとても魅力的でした。しかも最寄のセブン銀行やイーネットなどのコンビニATMから少しずつでも返しやすいのがとても便利です。

2年目以降にいくらかかるかわからず不安でした。でもカードローンタイプなら必要な時に審査不要(※)で利用できるので、いざという時も安心です。※設定したご利用限度額の範囲内でご利用いただけます

カードローン方式の特長

  • ATMで手軽に便利に使える

    借入・返済OKのATM 第三銀行 セブン銀行 E-net イオン銀行

    必要な時に、必要なだけ、お近くのATMから、計画的にご利用いただけるので余計な利息負担がありません。

  • 急な出費の備えに

    最大500万円

    最大500万円まで無担保でご利用いただけます。
    教育費用にかかる様々な出費に備えておけます。

  • 卒業までは利息の
    支払いだけでOK

    卒業までの返済は利息のみなので、家計への負担を抑えることができます。

このような方におすすめです!

  • ・教育費がいくらかかるかわからないという方
  • ・利息の支払いをなるべく抑えたいという方
  • お子様が在学中なら、審査や書類なしで追加利用できます

    在学中であれば、審査や書類の提出なしで、追加で何度でもご利用いただけます。ご入学後や2年目以降も、授業料や家賃などで追加の資金が必要になった場合にも安心です。※設定したご利用限度額の範囲内でご利用いただけます

  • 余裕ができたら繰上返済で、利息の支払いを抑えられます

    回数に関わらず何度でも繰上返済手数料は無料です。一時的に資金が必要な時でも、返済資金が準備でき次第、随時繰上返済できるので、利息の支払いを極力抑えながらご利用いただけます。

  • 提携ATMでの利用も可能

    第三銀行のATMをはじめ全国の提携ATMでお借入れいただけます。
    さらに第三銀行のATMの他、セブン銀行、イーネット、イオン銀行のATMならお借入れの他、ご返済もOKです。

    借入・返済OKのATM 第三銀行 セブン銀行 E-net イオン銀行

インターネットで申込み

返済シミュレーション

証書貸付(一括借入)方式の特長

  • まとまった資金を
    一括でお借入れ

    必要な資金を一括してお借入れいただけます。

  • ゆとりのお借入れ

    最大1,000万円

    最大1,000万円まで無担保でご利用いただけます。

  • 団体信用生命保険
    加入付きも選択OK

    死亡・所定の高度障害状態になられた場合に保障する団体信用生命保険にご加入いただけます。

    ※融資金額500万円超の場合はご加入が条件となります。

このような方におすすめです!

  • ・必要な金額が明確に決まっている方
  • ・毎月計画的に返済をしていきたい方
  • 必要額を一括して借入れることができます

    必要な金額を一括してお借入れいただくことができます。

  • 毎月一定額を口座から引き落とし

    借入額と返済期間にもとづく一定額を借入れの翌月からお引き落としいたします。 ※在学期間中は利息の支払のみとすることができます。

  • 無担保で、最大1,000万円まで借入れできます

インターネットで申込み

返済シミュレーション

ご利用いただいたお客さまの声

大学在学中は利息分のみのお支払で負担を軽く

子どもが大学にいる間は、なるべく返済負担を抑えたいと思っていました。元金の据置期間があれば、子どもの在学中は利息分だけの支払いで済むため、非常に助かりました。

受験の前から準備ができて安心

大学進学を考えた時にまず受験費用の心配がありました。受験前から教育ローンを利用することで、あらかじめ受験費用を準備できたので、息子の進学先の選択肢をせばめることなく、安心して受験させることができました。

カードローン方式で急な出費に備え

息子の大学進学にあたり、今後発生する教育費を含めて突発的なお金がかかってしまった時に貯金を取り崩していくのが不安でした。カードローンタイプなら必要な時に必要な分だけ利用できることを知り、借入枠だけ準備しました。まだ利用していませんが、いざというときは安心です。

奨学金とあわせて教育ローンを利用

奨学金での進学を前提にしていましたが、受験費用や新生活のための家電の購入、入学後の生活費、下宿費用、部活費用などで一時的に多くの費用がかかるため、奨学金と教育ローンを併用することにしました。教育ローンは幅広い費用に対応してもらえるのでとても便利でした。

インターネットで申込み

返済シミュレーション

教育ローンを利用する前に知っておきたいこと

  • 教育資金を確保する方法の種類と選択

    奨学金制度を利用する 銀行等の教育ローンを利用する

    すでに多くのご家庭で利用されている奨学金制度と、銀行等の教育ローンを利用する方法を検討してみましょう。

    詳しくはこちら

  • 教育ローンよくある質問

    教育ローンについて素朴な疑問や、ご質問にお答えします。

    詳しくはこちら

お申込みについて

お申込みの流れ

STEP1:インターネットでお申込み STEP2:事前審査 STEP3:事前審査結果のご連絡 STEP4:ご来店の上、正式申込み STEP5:審査結果のご連絡 STEP6:ご契約

商品概要

無担保型有担保型
ご利用いただける方 高校以上の学校にご入学予定または在学中の15歳以上のお子様がおみえで、次の条件をすべて満たす方
  • お申込み時の年齢が満35歳以上満65歳未満で、完済時の年齢が満70歳未満の方
  • 安定した収入が継続して得られる職種・業種で、勤続年数が3年以上の方 (自営業者の方は営業年数が3年以上の方)
  • 前年の税込年収が300万円以上の方(自営業者の方は前年の事業所得が300万円以上の方)
  • 証書貸付方式でご融資金額500万円超の場合、当行指定の団体信用生命保険に加入できる方
  • 当行の営業区域内に居住または勤務されている方
  • 保証会社である三重総合信用株式会社の保証が得られる方
ご融資金額 30万円以上1,000万円以内
(※1)(10万円単位)
30万円以上2,000万円以内(10万円単位)
ご融資期間 カードローン方式 カードローン期間卒業年の5月まで(※2)
証書貸付期間
カードローンから切換後6年以内(1か月単位)
証書貸付期間
カードローンから切換後16年以内(1か月単位)
証書貸付方式 15年以内(※3)(1か月単位) 20年以内(1か月単位)
ご融資金利(年利) 平成29年5月21日現在
2.40%4.10%
(変動金利・保証料込)
平成29年5月21日現在
1.90%3.60%
(変動金利・保証料込)
お使いみち お子様の教育資金(受験費用、入学金、授業料、書籍代、下宿代、仕送り費用等)

※1カードローンタイプは500万円以内となります。

※2連帯保証人が必要となる場合は、5年以内となります。

※3ご融資金額500万円以内の場合は10年以内となります。

ローンシミュレーション

シミュレーションにより返済計画のご検討をいただけます。

商品の詳しい説明は、商品説明書をご覧ください。

教育ローン商品説明書PDF

教育資金を確保する方法の種類と選択

教育資金を確保するには様々な方法があります。中でも代表的なものとして「奨学金制度」や銀行等で教育ローンを利用することが考えられます。奨学金制度と銀行等の教育ローンがどのように違うのかをしっかり理解しておくことが重要です。

奨学金の特徴

奨学金制度は多種多様です。最も代表的な日本学生支援機構の奨学金制度以外にも、各大学の学内奨学金・授業料等減免制度・徴収猶予制度や地方公共団体等が独自の奨学金制度を実施している場合がありますので、これらも検討するのが賢明です。

申込主体
奨学金は、子どもがお金を借りて卒業後子ども自身が返済していくことになります。
利用条件
奨学金には親の年収基準と子どもの成績基準などによる利用制限があります。
受取り方・使いみち
奨学金は、在学中、毎月一定額を受け取ることになります。毎月の生活費に充てるのは適していますが、突発的な費用への対応が難しいです。

奨学金と教育ローンの比較

項目 第三銀行教育ローンの場合(カードローン方式) 一般的な奨学金(第二種奨学金)
申込主体 学生の保護者(親)の方 学生自身
利用制限 収入上限や学力基準による利用制限はなし 収入上限による利用制限あり
学力基準による利用制限あり
返済猶予 卒業6年以内にご返済※在学期間中はお利息のみお支払い 卒業した年の10月から返済開始※状況に応じた猶予制度あり
繰上返済 ATMからいつでも可能 事前に連絡が必要
・郵送、FAXで申込みの場合は希望する月の振替日の1か月前までに連絡が必須
ご融資・
受取り方
必要に応じたタイミングで必要な額を受け取る※ご利用限度額内なら追加審査不要でATMから何度でも利用する事が可能 毎月所定の金額を受け取る※30,000円〜120,000円
審査 原則1回(追加審査なし) 1年ごとに審査あり
利用開始
までの期間
最短約1〜2週間 6月または7月が初回振込
(入学後に採用決定した場合)
(平成27年1月現在)

奨学金は、学生自身が借りるお金で、採用されるには試験の成績や家庭の経済状況などが考慮されます。また、奨学金は、入学後に受け取ることができるお金なので、入学前に必要な受験料や入学金などの支払いには利用できません。そこで、入学前に必要な費用は教育ローンでまかなうという方法があります。教育ローンは普通学生の親が利用するローンです。教育ローンは親が返済しますが、奨学金は、卒業後に子供が返済します。
つまり奨学金と教育ローンでは借入れの主体が違います。奨学金と教育ローンを上手に併用して親子がお互いに分担して負担することができ、さらに進学・教育資金を確保することができます。

進学資金確保のポイント

  • 奨学金と柔軟性のある教育ローンの併用を検討しましょう。
  • 奨学金を受け取りながら、万一の出費も考えて、カードローンでも備えておきましょう。

入学費用や授業料など一時的な資金が緊急に必要となる場合には、奨学金よりも教育ローンの方が適しています。また、奨学金は収入上限や学力基準などの利用制限があるため、万が一審査に落ちた場合のために、教育ローンを申込んでおく方もいらっしゃいます。うまく併用することで、資金不足に備えることが重要です。

このような方におすすめです

  • 奨学金の審査に
    通るか心配

    収入上限や学力基準により一般の奨学金の利用が難しい方など

  • 一時的な費用に
    対応できるか心配

    毎月の生活費だけでなく突発的な費用に対応できるか不安な方

  • 子供に負担を
    かけたくない

    子供の将来に負担をかけずに学費を支払ってあげたい方

信販会社が提供する学校提携の教育ローンと銀行の教育ローンのちがいって?

信販会社が提供する学校提携の教育ローンは一般的にインターネット上などで申込でき、審査も最短1日で済むので、合格発表後すぐに必要な入学金等を借りたい場合などに便利なローンですが、借りたお金(学費)は直接学校の口座に振り込まれるということに注意が必要です。
したがって、借りられるのは、入学金や授業料、教材費等や学校に振り込む寮費など。定期代やアパートの家賃など、学校に払わない教育費を借りることはできません。
銀行の教育ローンでは、一般的に学校納入金のほか、家賃や交通費、教材費等、学生生活に必要なその他の資金も対象になっています。

インターネットで申込み

返済シミュレーション

よくあるご質問(教育ローンQ&A)

教育ローンについて

第三銀行によく寄せられるご質問内容をまとめましたので、ご参考にしてください。
ご不明な点がありましたら、下記フリーダイヤルまたはお気軽にお近くの店舗までご相談ください。

お問い合わせ
0120-33-8654(平日 9:00〜19:00)

お申込みについて

申込み方法はどんな方法がありますか?

  • カードローン
  • 証書貸付

店頭・インターネット・FAXでお気軽にお申込みいただけます。

インターネットでのお申込みはこちら

FAXでのお申込みはこちら

  • 最短3営業日以内に回答
  • 進学先が決まっていなくても申込OK

忙しくて平日にいけないのですが?

  • カードローン
  • 証書貸付

ローンプラザや休日営業の店舗では休日もご相談に対応しています。

  • 平日15時以降も営業
  • 休日も営業

進学先や必要な金額が決まっていなくても、申込みはできますか?

  • カードローン
  • 証書貸付

お借入れ額が明確でなくても、お申込みいただけます。

進学先が決まっていなくても、現時点で想定されるおおよその金額でお申込みをいただくことができます。
また、正式なお申込みの際に、金額を変更することもできます。
なお、事前審査の時点ではご準備いただく書類はございません。

  • 進学先が決まっていなくても申込OK

医学部・歯学部など6年間通学します。利用できますか?

  • カードローン
  • 証書貸付

ご利用いただけます。

ただし、カードローン方式で連帯保証人が必要となる場合のカードローン期間は5年以内となります。

  • 医学部・歯学部対応
  • 卒業までOK

事前審査の後、必ずローンの申込みをしないといけないのですか?

  • カードローン
  • 証書貸付

必ずお申込みいただく必要はありません。事前審査の後でも無料でキャンセルいただけます。
合格前でもお気軽にお申込みください。 手数料等は一切不要です。

事前審査の結果は1ヶ月間有効です。奨学金や別のローンを利用するなどでお借入れが不要になった場合はキャンセルいただけます。

  • 事前審査後のキャンセルOK

正式申込みにはどのような書類が必要ですか?

  • カードローン
  • 証書貸付

事前審査結果のご連絡後、以下の書類とお届印をお持ちになってお借入れ希望店
もしくはお近くのローンプラザにご来店ください。

  • ・本人確認書類(運転免許証・パスポート・健康保険証など)
  • ・年収の確認できる書類(源泉徴収票、確定申告書、所得証明書、住民税課税決定通知書、納税証明書など)
  • ・学生の確認資料
    (入学前)合格通知書、健康保険証、住民票の写しなど
    (在学中)在学証明書、学生証、健康保険証、住民票の写しなど
  • ※健康保険証と住民票の写しについてはお申込の方とお子さまの記載が必要となります。
  • ・資金使途確認書類 (学校案内・授業料の納付書など)
  • ・銀行印
  • ※上記以外にもご提出をお願いする場合があります。

お借入れについて

借りられる金額はいくらまでですか?

  • カードローン
  • 証書貸付

審査結果に応じて、カードローン方式で最大500万円、証書貸付(一括借入)方式で最大1,000万円となります。
なお、最大2,000万円までの有担保型もご用意しております。くわしくは窓口までお問合せください。

必要な資金が決まっていなくても、現時点で想定されるおおよその金額でお申込みいただけます。
事前審査の時点ではご準備いただく書類はございません。

  • カードローン方式最大500万円
  • 証書貸付方式最大1,000万円
  • 有担保型最大2,000万円
  • 進学先が決まっていなくても申込OK

いくらから利用できますか?

  • カードローン

ご利用限度額以内なら、1円単位(※)で何度でもご利用いただけます。
急な仕送り資金が必要になった場合にも対応できます。

※1円単位でのご利用は当行ATMに限ります。一部ご利用いただけないATMもあります。

  • その都度ご利用OK
  • 提携ATMでもご利用OK

どのATMで借入れできますか?

  • カードローン

第三銀行・セブン銀行・イーネット・イオン銀行のATMの他、全国の提携金融機関のATMにてご利用いただけます。

第三銀行 セブン銀行 E-net イオン銀行

  • その都度ご利用OK
  • 提携ATMでもご利用OK

金利が保証料込とはどういうことですか?

  • カードローン
  • 証書貸付

保証料は銀行が負担します。

教育ローンの場合、保証人を必要としないものが大半ですが、保証人の代わりを務める保証会社に対して保証料を支払う必要があります。他の教育ローンと比較する場合には、見た目の金利だけでなく、保証料にも注意して比較する事が重要です。

  • 保証料込
  • 原則連帯保証人不要

ご返済について

繰上返済はできますか?

  • カードローン
  • 証書貸付

[カードローン方式]は当行ATMで、
[証書貸付方式]はお取引店の窓口でご返済いただけます。
もちろん繰上返済手数料は無料です。

(カードローン方式)
第三銀行の他、セブン銀行、イーネット、イオン銀行のATMから手数料無料でご返済いただけます。

第三銀行 セブン銀行 E-net イオン銀行

  • 繰上返済手数料無料
  • カードローンタイプその都度返済OK

返済期間は最長何年ですか?

  • カードローン
  • 証書貸付

[カードローン方式]の場合、お子さまの卒業後最長6年です。
なお、カードローンとしてご利用いただけるのはお子さまの卒業年の4月6日までです。

[証書貸付方式]の場合、お借入後最長15年です。ただし、融資金額500万円以内の場合は10年以内となります。

※[証書貸付方式]の場合の毎月の返済額をお知りになりたい方は、返済シミュレーションをご利用ください。

他におすすめのローン商品

教育費用以外の幅広い資金も対応可能です。
あわせてご検討ください。

カードローン 第三銀行カードローン「SUN」

  • 限度額最高500万円
  • 金利4.80%〜
  • ご来店不要
  • 収入証明不要

フリーローン 悠々生活

  • 限度額最高300万円
  • 金利9.80%〜

お申込み方法は

インターネットでお申込み

お申込みはこちら

店舗でお申込み

お近くの店舗を探す