キャッシュカードや暗証番号のお取扱いにご注意ください!

最近、キャッシュカードに関わる犯罪が全国的に増加しております。
キャッシュカードの磁気データを不正にコピー(いわゆる"スキミング")するなどして偽造したキャッシュカードを使い、預金者になりすまして口座から金銭を搾取するという悪質な犯罪が増加しておりますので、キャッシュカードの管理には十分ご注意ください。

  • 暗証番号は第三者に知られないようご注意いただくとともに、生年月日・電話番号・車のナンバー・住所(番地)・連続した数字など類推されやすい番号の使用はお避けください。

 ⇒暗証番号は、当行のATMで簡単に変更いただけます。

  • ATMご利用時は、暗証番号の入力を後ろから覗き見されないようご注意ください。
  • 当行の職員が暗証番号をお訊ねすることはございません。銀行員や警察官などを名乗った者から暗証番号の照会があっても知らせないでください。不審な場合は、お取引銀行にご照会ください。
  • キャッシュカードの暗証番号はキャッシュカードのみにご利用いただくことをお勧めします。特に、ゴルフ場、ホテル、銭湯などに設置されている貴重品ボックスの暗証番号とのは併用はお避けください。また、ロッカーやクロークをご利用の際には、キャッシュカードをコートやスーツのポケットに入れたまま預けないようご注意ください。
  • デビットカードサービスをご利用いただく場 合は、キャッシュカードを店員に手渡すことは避けていただき、端末機へのカード挿入は、極力ご自身で行っていただくようお願いいたします。

 ⇒デビットカードのご利用を停止されたい場合は、お通帳、キャッシュカード、お届出印、運転免許証などのご本人を確認できる書類をご準備のうえ、営業店窓口にお申し出ください。

当行では、キャッシュカードの不正利用に対応するため以下の対策を実施しております。
  • 画面の大きい新型ATMに覗き見防止「偏光フィルム」を装着しております。
  • ATM前面に後方確認用の鏡を装着しております。
  • 暗証番号はATMで簡単に変更いただけます。
  • ATMで通帳やキャッシュカードの紛失届の受付が可能です。(後日、窓口で正式な手続きをとっていただく必要がございます。)
  • 万一の被害を最小限に抑えるため、ATMの1日あたりの支払限度額を一律200万円に引下げいたしました。(平成17 年3 月 1日実施)
  • ※さらに、ATMの1日あたりの支払限度額を、お客さまのお申し出でにより、任意の金額にご指定いただける「支払限度額個別設定サービス」の取扱いも開始いたしました。

 ⇒「支払限度額個別設定サービス」をご希望のお客さまは、お通帳、キャッシュカード、お届出印、運転免許
証などのご本人を確認できる書類をご準備のうえ、営業店窓口までお申し出ください。
(平成17年3月1日実施、平成17年5月を目処にATMでの受付も取扱う予定です。)