経営合理化をサポート

でんさいネットサービスのご案内

「でんさい」とは


でんさいネットマーク

全国銀行協会が設立した電子債権記録機関である「株式会社全銀電子債権ネットワーク(通称:でんさいネット)」が取扱う「電子記録債権」を「でんさい」と呼びます。

  • ※電子記録債権は、手形債権や指名債権(売掛債権など)が抱える問題点を解決し、事業者の資金調達の円滑化を図る事を目的として創設された金銭債権です。

支払企業側のメリット

point1

ペーパレスで手続きがラク!搬送代もかかりません!

手形の発行、振込の準備など、支払に関する面倒な事務負担が軽減されます。手形の搬送コストも削減できます。

point2

印紙税は課税されません!

手形と異なり、印紙税は課税されませんので、大きな節税効果があります。

※発生記録請求にかかる手数料「発生記録請求手数料」は必要となります。
point3

支払手段の一本化で効率的!

手形、振込、一括決済など、複数の支払手段を一本化する事も可能になり、効率化が図れます。

納入企業側のメリット

point1

ペーパレスだから保管は不要でコストダウン!紛失や盗難の心配も無く安心・安全です!

ペーパーレス化により、紛失紛失や盗難の心配は無くなります。厳重に保管、管理する必要もなくなりますので、無駄な管理コストを削減できます。

point2

必要な分だけ分割しての譲渡や割引ができます!

必要な分だけ分割して譲渡や割引をすることができます。手形にはない、でんさい特有の大きなメリットです。

point3

取立手続が不要で、期日に自動入金!

支払期日になると、お取引銀行の口座に自動的に入金されますので、面倒な取立手続は不要です。手形と異なり、支払期日当日から資金をご利用いただくことができます。

※口座間決済にかかる「でんさい入金手数料」が必要となります。
point4

資金繰りなどに利用できなかった債権も、「でんさい」ならば有効活用が可能!

でんさいは流通性の高い債券です。でんさいであれば、これまで資金繰りのために利用できなかった債権も、譲渡や割引が可能になり、無駄なく有効に活用することができます。

「でんさい」取引イメージ

でんさい取引のイメージは以下の通りです。

「でんさい」を発生させ、期日決済する場合のイメージ

「でんさい」による決済は、①商取引に基づき、②支払企業さまが第三銀行を経由して、でんさいネットに発生記録請求を行うことで、③でんさいネットによる発生記録がなされます。
④支払期日に支払企業さまの口座から納入企業さまの口座へ資金が自動送金されます。

「でんさい」を譲渡する場合のイメージ

「でんさい」を譲渡する場合、①商取引に基づき、②支払企業さまが、第三銀行を経由して、でんさいネットに発生記録請求を行うことで、③でんさいネットによる発生記録がなされます。
④商取引に基づき、⑤納入企業さま(譲渡人)が、第三銀行を経由して、でんさいネットに譲渡記録請求を行うことで、⑥でんさいネットによる譲渡記録がなされます。
⑦支払期日に支払企業さまの口座から納入企業さま(譲受人)の口座へ資金が自動送金されます。

「でんさい」を割引する場合のイメージ

「でんさい」を割引する場合、①商取引に基づき、②支払企業さまが、第三銀行を経由して、でんさいネットに発生記録請求を行うことで、③でんさいネットによる発生記録がなされます。
④納入企業さま(債権者)が割引申込を行い、⑤審査の後、⑥譲渡記録請求を行い、⑦でんさいネットによる譲渡記録がなされ、⑧割引を実施します。