このページの音声を聞く

進学準備を進める方のための教育資金ガイド もうすぐ子供の受験。受験費用に、入学金、授業料…進学にはたくさんの資金が必要だけど、どうしよう。 では、お子様の大学4年間に実際かかる費用はどのくらいか見ていきましょう。

4年制大学の合計費用 国公立 卒業までの合計511.2万円 入学費用83.2万円、在学費用107万×4年間=428万円。私立(文系)卒業までの合計692.3万円 入学費用104.3万円、在学費用147万×4年間=588万円。私立(理系)卒業までの合計787.5万円 入学費用109.9万円、在学費用169.4万×4年間=677.6万円。4年制大学の平均額 合計669.4万円 入学費用102.2万円、在学費用141.8万円×4年間=567.2万円。在学中にかかる費用 入学金 授業料 交通費 部活費 電話代 書籍費 意外とお金がかかるのねぇ…

+

下宿になるとさらにこんなにかかります。自宅外通学の費用合計 606.3万円 初期費用45.1万円 年間平均140.3万円×4年間=561.2万円。学費と合計すると、学費(国公立大学)511.2万円+自宅外通学費用606.3万円=1,117.5万円。敷金 礼金 家賃 家具 家電 仕送り 光熱費

出典:日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果(平成26年度)」

まずはネットでかんたん!お申込み!事前審査のお申し込み

教育費を確保する手段

教育資金を確保するには、どのような手段があるのでしょうか?

まとまったお金をかりる方法

銀行の教育ローン
メリット
  • ・いつでもお申し込みが出来る
  • ・学生本人が返済する必要はない
デメリット
  • ・奨学金より金利が高い
奨学金
メリット
  • ・銀行の教育ローンより金利が低い
  • ・経済的に不安のある家庭でもお申込みができる
デメリット
  • ・申請時期が決まっている
  • ・学生本人が長期にわたる返済を行わなければならない
学校提携の教育ローン
メリット
  • ・学校と提携しているので、申込みの手続きが簡単
デメリット
  • ・学校へ支払う費用のみしか利用できない
  • ・提携校しか利用できない
  • ・1年ごとに再申込みは必要

進学を考え始めてからでも確保ができます。

少しずつ貯めていく方法

積立型預金
投信積立
学資保険

お子さまが小さなうちから始めなければいけません。

奨学金について

奨学金の種類

すべての大学・短大、ほとんどの専門学校で申し込むことができるのが日本学生支援機構の奨学金です。この奨学金には、給付型と貸与型の2つの種類があります。
ここでは貸与型の奨学金を例にみていきましょう。

第一種奨学金無利子
  • ・学校の種別、通学形態により月々の奨学金の支給額が決められている
  • ・成績基準が明確に設けられており、家庭の収入状況と合わせて審査される
  • ・基準を満たしていても全員が採用されるわけでない選抜型の奨学金である
第二種奨学金利息付
  • ・進学先や通学形態にかかわらず、月額の支給額を自由に選択できる
  • ・成績基準や収入基準が設けられているものの、第一種奨学金よりも緩やかである
  • ・利息の上限は3%と定められており、また在学期間中は利息は発生しない

奨学金の申込方法

申し込み方法の種類 予約採用 高校3年次に在籍高校を通じて、進学後の奨学金を予約する方法です。募集は年2回。 在学採用 進学した大学・専門学校を通して申込む方法です。募集は原則年1回。

奨学金の支払時期は「予約採用」「在学採用」ともに進学後です。

入学に必要な費用を奨学金で賄う事は出来ません!

  • でも、入学金の納付は合格発表の後1~2週間以内どうやって資金を確保したら…

  • そこで有効な方法が教育ローンです。
    さんぎん教育ローン「青春時代」なら入学前でもお借り入れ可能なので、入学金にもご利用頂けます。

  1. 平成29年7月現在の情報を基に作成しています。

さんぎん教育ローン
「青春時代」って?

お申し込みはいつでもOK!
奨学金ではカバーできない受験費用、入学金にもご利用可能です。

教育ローンご利用可能期間 お申込み 受験 合格発表1週間~2週間以内に入学金納付。4月入学 奨学金支給 授業料納付。

さんぎん教育ローン「青春時代」(カードローン方式)なら、急な出費の際にも、ATMなどからいつでもご利用頂けます。

ご利用方法

ご利用方法 カードが届く ATMでお引出 毎月の返済は利息のみ 余裕ができたらATMでご返済

ご利用方法はカードを使ってATMで引き出すだけ!
ボーナスなどで余裕ができたらATMから返済もOK! 簡単・便利にご利用いただけます。

ご利用可能なATM

第三銀行のATMをはじめ、コンビニやゆうちょ銀行、全国の銀行・信用金庫などに設置の提携ATMをご利用いただけます。しかも、第三銀行のATMなら365日いつでも手数料無料です。

第三銀行 セブン銀行 E-net ローソン銀行 イオン銀行 ゆうちょ銀行 その他提携金融機関ATM

  1. ご利用の時間帯や金融機関によって、ご利用手数料がかかる場合があります。また、ご返済いただけない提携ATMもありますので、あらかじめご了承ください。

第三銀行のATMなら365日いつでも手数料無料でご利用いただけます!

奨学金と教育ローンの比較

入学金にご利用いただけるだけでなく、さんぎん教育ローン「青春時代」にはメリットがたくさんあります。

  • さんぎん教育ローン
    「青春時代(カードローン方式)」
  • 奨学金
  • 返済者

    学生保護者の方
    お子さまに負担はかかりません

  • 借り方

    急な出費にも
    必要なときに必要なぶんだけ

  • 利息

    お借入れ時から発生

  • ご利用開始
    まで

    入学前からご利用可能

  • 入学金への
    利用

    ご利用可能

  • 返済開始まで

    在学期間中は利息分のみ
    (卒業後に返済スタート)

  • 返済者

    学生本人

  • 借り方

    毎月定額で振込み
    急な出費に対応しづらい

  • 利息

    在学中は発生しない

  • ご利用開始
    まで

    ご入学後

  • 入学金への
    利用

    利用不可

  • 返済開始まで

    卒業から半年経過後
    ※3月卒業の場合、10月から。

教育ローンと奨学金を上手く組み合わせて、計画的に教育資金を準備しましょう!

教育ローンと奨学金

奨学金でカバー 入学後にかかる費用 予めwかあっている費用 授業料 書籍代 交通費 下宿費用 仕送り 食費

教育ローンでカバー 入学前にかかる費用 突発的にかかる費用(カードローン方式) 入学金 受験費用 部活 短期留学 入居費用 家具・家電購入費用

POINT奨学金とあわせて教育ローンを利用

Cさん

  • 制服代
  • 教科書代
  • 通学定期代
  • 部活動の費用
  • 合宿・修学旅行費
  • 学生寮などの寮費
  • 電化製品の購入
  • など、その他多数!

奨学金での進学を前提にしていましたが、受験費用や新生活のための家電の購入、入学後の生活費、下宿費用、部活費用などで一時的に多くの費用がかかるため、奨学金と教育ローンを併用することにしました。教育ローンは幅広い費用に対応してもらえるのでとても便利でした。

各種ご案内

教育ローン「青春時代」商品説明書

教育ローンを安心して
ご利用いただくために

さんぎん教育ローン「青春時代」

教育ローンについてよくあるご質問

ローンシミュレーション

教育ローンについての
お問い合わせ

第三銀行の窓口または、下記お問い合わせ窓口よりお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

教育ローンのお申込み

インターネットからお申込み

事前審査のお申込み

FAXからお申込み

FAXでの申込用紙ダウンロード

ページトップへ