Cさん(30代)ご家族の
ライフプラン
子育て・教育編編

お子さまの誕生から成長!
子どもの成長は楽しみだけど、教育費など子育てって
どのくらいお金がかかるもの?

相談者Cさん

夫、子ども2人(長男、長女)とマイホームに住む。
最近、長女が誕生し、教育費やお金のことについて意識し始めた。

Cさんの関心事・お悩み

教育費以外にもけっこうかかる
「子育てのお金」あれこれって?

子育て費用というと「教育費」をイメージするけど、子どもを育てるうえでかかる費用って何を考えればいいの?


教育費以外にも、食費や衣料費、おもちゃ、
おこづかいなど「養育費」についても
考えておきましょう

子育て費用というと「教育費」を考える方が多いと思います。教育費といえば、学校にかかるお金だけを考えがちですが、実際に子育てとなると、食費や衣料費、おこづかい、おもちゃ代など、子どもを育てるうえでかかる教育費以外の費用「養育費」についても理解をしておく必要があります。

子どもが誕生してから、その子どもが社会人になるまで、費用は1人当たりどのくらいかかるのかを確認しておきましょう

公立?私立?教育費にかかるお金

養育費にかかるお金 育児費用・出産:約91万円 22年間の食費:約671万円 22年間の衣料費:約141万円 22年間の保険医療・理容美容費:約193万円 22年間のおこづかい費:約451万円 子どもの私的所有物代:約93万円 基本的養育費合計(出産から22年間):約1,640万円 出典:AIU保険会社「現代子育て経済考」2005年版 TOPICS 人気の習い事ランキング お子さまの成長に応じて習い事にもチャレンジさせてあげたいですね。「水泳」は幅広い年代のお子さまに人気があるようです。 「今、習っている習い事」は何ですか? 1位:水泳 2位:英語・英会話 3位:ピアノ 4位:書道 5位:学習塾・幼児教室 6位:体操 7位:サッカー 8位:そろばん 9位:その他スポーツ 10位:ダンス 『ケイコとマナブ』2017年 子どもの習い事アンケート 習い事の費用は1人1ヵ月あたり、5,000円から1万5,000円ぐらいが目安のようです。

子どもの成長とともにお金は
かかるものと理解し
早くから準備をしておきましょう

第三銀行からのご提案

お子さまの成長にあわせた
資産形成を考えることが大切です

確実に、計画的にお金を貯めることを意識して準備をしましょう。
便利な制度もあります。

お子さま専用の口座をつくることから
はじめましょう

普通預金口座

POINT

お子さまが受け取る「お年玉」や「お祝い」などのお金を貯めておく口座としてもご利用いただけます。

計画的に学費を貯めるなら

学資保険

POINT

学資保険とはお子さまの入学時や進学時に祝金や満期保険金を受け取ることで、教育資金を準備するための貯蓄型の保険です。
※「ほけんの窓口」では、お子さまの子育てプランにあった学資保険に加入することができます。

ゼロ歳からはじめられる
「かしこい運用」

ジュニアNISA

POINT

お子さまの将来に向けて、年間80万円までの非課税投資で資産形成できます。

お子さまが生まれたら、「教育費・養育費」の準備は
早めにスタートしましょう!

目標貯蓄額を100万円とした場合の毎月の必要積立金額

少しでも早くスタートすることで、少額からでも目標金額を貯めることができます。

時間を味方につけましょう! ※算出に当たって利息は毎月の複利計算で算出していますが、初期費用(税金・手数料など)を考慮していないため実際の運用とは異なります。また、将来の成果を約束ものではありません。
はじめての資産運用

明るい未来のために

子どもの夢をかなえてあげたい!
だからこそ早めにお金のこと
を考えられてよかった。

今後の生活において、自分や家族にどのようなお金が必要になるのかが分かり、具体的に目標を持つことができました。今は目標に向けて預金と投資信託を積立で行い、将来の準備をはじめました。家計の見直しもできたので、もう少し余裕ができたら積立額を増やすチャレンジをしたいという気持ちになれました。

マネープランTOP