相談する

結婚するときには

「結婚します」をサポートします。幸せな門出を迎えるお2人を、さんぎんがサポートいたします。

今どきの結婚は、いくらかかりますか?

結納にはじまって、挙式・披露宴・新婚旅行。すぐにはじまる新生活に向けて、新居の用意や新しい家具等、最近は自由な結婚式スタイルが増えてきたといっても、かかる費用は大きなもの(下図)。幸せな生活を築いていくには、確かなマネープランが欠かせません。新たな門出を迎えるお2人を、さんぎんがしっかりサポートいたします。


グラフ:最新のウェディング事情に関する調査 マクロミル(2010年)。一昔前までは給料3か月分、最近では給料1か月分が相場とも言われている「婚約指輪」の平均額は41万円と、その相場感より若干高め。メインイベントの「挙式・披露宴」関連は合計293万円、「ハネムーン」は59万円となっています。

「ためる・ふやす」が基本です

自分や家族の将来像が明確になっていけば、それに合わせたマネープランもしっかりと構築すべきだと実感するはず。いつまでに、どれだけ必要か。毎月の積み重ねを、さんぎんがお手伝いいたします。

毎月の積立習慣を

毎月着実に積立ていく習慣をつけることは、将来に向けての第一歩。計画性をもって始める、資産づくりのスタートです。

「家族を守る」を形にしたい

新しい生活がはじまれば、もう自分1人の人生ではありません。結婚は、お互いの将来と、万が一のことをしっかりと考えて、保険の検討や見直しをする機会とも言えるのではないでしょうか。

保険は2人の将来のため

生命保険は、万が一の際に、家族を経済的に困らせないための備え。公的な保障や、会社の保障では足りない部分をカバーする役割もあります。お2人に最適なプランをお選びください。

ご結婚後も末長いおつきあいを

結婚に伴い、お名前やご住所が変更になる場合、さんぎんでの所定の手続きをどうぞお忘れなく。住所変更、公共料金の自動支払の変更等は、メールオーダー(郵送)やダイレクトバンキングで簡単にできます。新しいご家族との門出を、さんぎんもしっかりとサポートいたします。

 


お問い合わせ

第三銀行の窓口または、下記お問い合わせ窓口よりお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
0120-33-8654 平日9時〜19時
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ