相談する

退職されるときには

セカンドライフへのスタートライン。定年を迎え、新たな生活スタイルをはじめる皆様に、さんぎんができること。

生涯にわたるゆとりを手にするために。

すっかり長寿の国となった日本では、定年後の生活への備えがますます大切になってきています。時間はたっぷりできた後、人生を楽しく豊かに過ごすには、出費もそれなりに必要ですが、円預金だけでは資産の増加がなかなか期待できない(下図)のが現状です。
ゆとりあるセカンドライフの実現に向けて、さんぎんとご一緒に人生のマネープランを考えてみましょう。


グラフ:円預金だけでは老後の資産の増加は期待できません

長く続くセカンドライフを見据えて

セカンドライフの資金計画は平均余命を元に考えることが大切です。60歳からの平均余命は、男性約22年、女性約28年(※)。大切な退職金や、老後の生活基盤となる年金をかしこく使い、運用することが、ますます重要になってきます。

※厚生労働省「日本人の平均余命」(平成19年)より

年金世代に頼れる商品

退職後の生活を、ゆとりあるものにするために。今後の生活費や備えを、しっかりと確保しておくために。年金世代の皆様を応援する、特別に金利を上乗せした商品をご用意しています。

年金世代の皆様にうれしい特典と安心を

さんぎんの本支店で年金をお受取りになられますと、自動的に「さんぎん充実友の会」の会員に。もちろん、入会費や年会費は一切無用で、様々なサービスをお受けいただけます。

「充実友の会」で生き生きと

健康や介護の無料電話相談、特別割引の企画旅行をご案内、健康・福祉セミナーに無料参加、さんぎんATMの時間外利用手数料が365日無料等、うれしいサービスが満載です。

専門家に託すという選択肢

自分や家族の将来のために上手に資産運用をしたいけど、自分でやるのは難しい…毎日の株価チェック、投資先探し、リスク調整等、面倒な運用をすべてプロの投資家に任せられるのが、投資信託です。

気軽にスタートできる投資信託

運用を専門家に任せられる投資信託は、国内外の株式や債券、不動産投資等に幅広く分散が可能です。少額から投資できる点でも人気を集めています。

グローバルな視点で資産運用

様々な資産運用の中で、注目を集めている外貨投資。特に外貨預金は、外貨投資の初心者から経験者まで幅広い層にご利用されています。 運用に当たっては、その魅力とリスクをしっかり理解することが必要です。

世界の通貨を自由に選ぶ

外貨預金は、状況に応じ金利と為替差益が期待できる、外貨建て預金の商品です。円預金より好金利で運用できる可能性があり、また保有資産の多様化とリスクの低減が図れます。

ワンランク上の資産運用を

成長・成熟していく家族だからこそ、新たなマネープランが必要です。今ある資産をもっと効率よく、効果的に運用するために、さんぎんならではのお得なプランをご用意しています。

優待特典をかしこく活用

期預金にプラスαの価値を。外貨定期預金・投資信託をお申込み中の方限定でのご優待プランが、『わくわく宝船~投信・外貨専用』。定期預金を年4.5%の有利な特別金利でご利用いただけます。

 


お問い合わせ

第三銀行の窓口または、下記お問い合わせ窓口よりお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
0120-33-8654 平日9時〜19時
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ