相談する

30代~40代の方へ

家族の「今」と「明日」、どちらも大切。ゆとりある将来設計のサポートプラン、さんぎんにあります。

家族の将来設計図を描こう。


グラフ:一覧で見ると、どの時期にどのくらいお金がかかるのかがわかります

30代~40代は、家庭を持って、家族が増えて、仕事もプライベートもますます充実していく時期。どんどん大きくなるお子様たちの教育費(図1)や、マイカーの買い替え等、この世代ではライフイベントが目白押し。


グラフ:住宅購入者層は30代・40代が7割超

一大イベントである、マイホーム購入計画も家族の成長に合わせたこの時期に検討される方が最も多く(図2)、大きな支出を常に考えておくべき時期と言えます。
若い頃に描いた夢を一つずつかなえながら、家族の新たな将来像を形作っていく。家族の時間を、より実りあるものにするために、さんぎんのマネーサポートをどうぞご活用ください。

「ためる・ふやす」が基本です

自分や家族の将来像が明確になっていけば、それに合わせたマネープランもしっかりと構築すべきだと実感するはず。いつまでに、どれだけ必要か。毎月の積み重ねを、さんぎんがお手伝いいたします。

毎月の積立習慣を

毎月着実に積立ていく習慣をつけることは、将来に向けての第一歩。計画性をもって始める、資産づくりのスタートです。

マイホーム購入の強い味方

多くの方にとって人生で最も高い買い物になるのが、マイホーム購入。それだけに、不安や心配はつきものでしょう。 課題や返済計画を具体的に描きながら、最適なプランをご提示いたします。

無理なく長いおつきあい

マイホーム購入から長きに渡るおつきあいがはじまる住宅ローン。 月々の返済はもちろん、なるべく負担の少ない将来を見据えていくことが大切です。

グローバルな視点で資産運用

様々な資産運用の中で、注目を集めている外貨投資。特に外貨預金は、外貨投資の初心者から経験者まで幅広い層にご利用されています。 運用に当たっては、その魅力とリスクをしっかり理解することが必要です。

世界の通貨を自由に選ぶ

外貨預金は、状況に応じ金利と為替差益が期待できる、外貨建て預金の商品です。円預金より好金利で運用できる可能性があり、また保有資産の多様化とリスクの低減が図れます。


お問い合わせ

第三銀行の窓口または、下記お問い合わせ窓口よりお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
0120-33-8654 平日9時〜19時
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ