ためる・ふやす

NISA(少額投資非課税制度)口座

NISAとは、2014年1月からスタートした証券優遇税制のことで、株式投資信託、上場株式等の少額投資により生じた配当所得、譲渡所得に対する税金を非課税にする制度です。2013年12月末で終了した現行の証券優遇税制に代わる新しい優遇税制として注目されています。
英国の個人貯蓄口座「Individual Savings Account」を参考にしているため、日本版ISAとも呼ばれ、愛称はNISA(ニーサ)となりました。

 

NISA口座のポイント

point1

20歳以上の方が利用可能です

日本国内にお住まい20歳以上(その年の1月1日時点で20歳以上)の方が対象。どなたでも一人一口座、NISA口座の開設いただけます。

point2

株式投資信託などが非課税の対象です

NISA口座でご購入された株式投資信託・上場株式等の配当所得、譲渡所得が非課税となります。
※当行は、上場株式のお取り扱いをしておりません。

point3

年間100万円(2016年以降は年間120万円)までの非課税枠を設定可能

年間100万円までの新規投資が非課税の対象となります。
※2016年以降は年間120万円まで非課税の対象となります。

point4

非課税枠は最大600万円

毎年100万円(2016年以降は毎年120万円)の非課税枠が設定され、最大600万円の非課税枠の利用が可能です。

point5

非課税となる期間は5年間

投資をはじめた年から最長5年間非課税期間があります。

証券優遇税制の見直しイメージ

株式投資信託、上場株式等の分配金や譲渡益に対する軽減税率が廃止され、2014年1月以降、税率が10.147%から20.315%に引き上げられました。


NISA 制度概要のイメージ


運用例による非課税イメージ

毎年、非課税口座(NISA)で、100万円(2016年以降は120万円)まで株式投資信託・上場株式等を購入することができ、その分配金や売却益等は5年間非課税となります。

 


制度概要

ご利用いただける方日本国内に居住する20歳以上の個人のお客様
※口座を開設する年の1月1日時点で20歳以上の方。
非課税投資額毎年、新規の投資額で上限100万円
(2016年以降は120万円)
※未使用額は翌年以降への繰越はできません。
口座開設期間2014年から2023年までの10年間
口座開設数一人につき1口座のみ
※平成27年1月から金融機関の変更ができるようになります。金融機関の変更を行った場合、複数の金融機関に非課税口座(NISA)が存在することになります。その場合でも、各年において1つの非課税口座(NISA)でしか投資信託を購入することができません。
途中売却可能
非課税口座での損失譲渡損失が発生しても、他口座との損益通算はできません。

ご留意事項

  • 投資信託は預金ではなく、当行が元本を保証する商品ではありません。預金保険の対象ではありません。
  • 投資信託は株式や債権等に投資しているため、投資対象の価格の変動、さらに外貨建てのものは外国為替相場の変動等により基準価額が下落するおそれがあり、この場合、お受取り金額が投資元本を下回ることがあります。
  • 投資した資産の価値の減少を含むリスクは、投資信託をご購入のお客さまが負うことになります。
  • 投資信託は購入時(申込手数料)、運用期間中(信託報酬等)、売却時(信託財産留保額等)それぞれの場面で費用がかかります。それぞれの手数料・費用等はファンドごとに異なります。詳しくは、各ファンドの契約締結前交付書面や投資信託説明書(目論見書)等を十分にお読みください。

※詳しくは、お気軽に窓口へお尋ねください。

※本ページは、当行が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。

販売会社の概要

株式会社第三銀行 (登録金融機関)
登録番号:東海財務局長(登金)第16号
加入協会:日本証券業協会

 

お問い合わせ

第三銀行の窓口または、下記お問い合わせ窓口よりお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
0120-33-8654 平日9時〜19時
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへお問い合わせフォームへ